花魁体験・変身写真・花魁写真のアンジュレ

花魁体験Angelleのスタッフブログ

Wolfgang Tillmans 日本での11年ぶりとなる大規模個展~国立国際美術館~

2015-08-29 |  | 

こんにちは!
フォトグラファーの Yuki です。

先日、大好きな写真家さんWolfgang Tillmansの個展を見に行ってきました!

「 Yourbody is Yours  」と題された今回の個展。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

会期: 7月25日 (土) 〜 9月23日 (水・祝)
会場: 国立国際美術館 地下2階展示室
住所: 大阪市北区中之島4-2-55
開館時間: 10:00 〜 17:00 ※金曜は〜19:00(入場は閉館30分前まで)
休館日: 月曜 (ただし、9月21日・祝 は開館)
観覧料: 個人: 一般¥900、大学生¥500 ほか団体料金あり

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

オススメですので是非、お出かけください!

同性愛者としての自身を取り巻く問題をきっかけに、世界中の社会問題と関わりあう作品を発表している彼ですが、
今回は日本での個展ということもあり慰安婦問題、AKB48や秒間サンデー(日本のネットニュース)、
原発、安保法案やデモ、クソコラグランプリ、ある議員の発言等にも幅広く触れられています。

感想の前に、
まず、彼のごくごく簡単な経歴だけ載せておきます。
69629273-TILLMANS_23435c

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Wolfgang Tillmans|ヴォルフガング・ティルマンス

1968年ドイツ出身。ベルリン在住。80年代後半より写真作品を発表するとともに、「i-D」などのファッション雑誌等への寄稿。
特徴的な写真の展示方法などで頭角を現すと、欧米各地を中心に数多くの個展を開催。
90年代半ばより一貫して、写真表現の可能性の更新に挑戦し続け、
2000年にターナー賞受賞、2015年ハッセルブラッド国際写真賞を受賞。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

tillmans1

 

Tillmans-Chantal-Crousel-e1320958488757

wolfgang-tillmans-roy-2009-b

美しい視覚表現の中に、同時代の無意識を含むアプローチ、

社会の表面への観察力には改めて刺激を受けました。

AUG0102P_NEW.tif

 

 

tillmans3

WT-Torso-2013-072 CZP0083A_01.tif
Tillmans 独特の展示方法( URL参照:http://tillmans.co.uk/ )は、イデオロギーの善悪を脱臼させ、空間全体で作品同士の関係性を意識させます。知ろうとすればするほど、分からないことが増えていくように、
作品の展示空間は世界の複雑さそのもののようでした。
a0288155_1941289

社会ではネットや技術の発達により、多数の空間やデザイン、思考や行動、価値基準などの均質化が進んでいます。

ネットでの過剰な可視化も手伝い、個人の知で全てを見通せるかのように、白と黒のどちらかでしか物事を判断できなくなっている風潮もあります。

最近話題のSNSのバカッターなどは、同調圧力のレベルにまで達しています。

Your_Body_is_Yours_08
Tillmansの作品を通して、

あらゆる物事は本来、白と黒の両極、二者択一ではなく、中間のグラデーションの中にあり、

そのグラデーションの中でもがき自分の色を選択していくものだということ。

自身のイデオロギーで善悪をふりかざすことなく、多様なあらゆるものごと、その複雑さを一度受け入れた上で、観察し続けること、

世界について、社会について考えることの大切さに改めて気づかされました。

そんなフィードバックのある幸せな展示でした。

‘Central-Nervous-System’-by-Wolfgang-Tillmans-3

 

新作衣装フェア、8月31日までしております。
下に詳細のリンクを貼ってますので、宜しければご覧下さい

10615519_803435059704902_7551813801005871082_n

告知!2015年9月1日~10月31日まで
全撮影データ付き3周年特別コース
↓↓↓
main

期間限定特別コース